ホーム画面を撮影して300円もらえるスクショマネーを使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スクショマネー

2020年1月8日、スマホのホーム画面を撮影するだけでお金がもらえるアプリ「スクショマネー」配信開始されたので早速使ってみました。

気付いたのは光本さんのツイートから。

なんか怪しいというか、個人情報など大丈夫なのかなあと心配になりながら使ってみましたが、実際に触ってみると特に困るような内容を入力することもなく、数分でサクッと入力完了。驚くほど簡単に300円分のAmazonギフト券をゲットすることができました。

スクショマネーの概要

スクショマネー

以下スクショマネーのプレスリリース内容です。

「スクショマネー」は、ご自分のスマートフォンのホーム画面を撮影し、アプリにアップロードするだけで、その場で300円分のAmazon ギフト券 コードがもらえるアプリです 。
【「スクショマネー」App Store】URL:https://apassionate.jp/screenshot/

総務省の平成30年通信利用動向調査によると、スマートフォンの個人保有者の割合は64.7%となりました。また、同省における「平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、モバイル機器(スマートフォンとフィーチャーフォンを合わせたもの)によるインターネット利用の平均利用時間は、平日 72.9 分、休日 107.7 分となり、継続的に増加し続け、生活の中心となりつつあるといっても過言ではありません。

モバイルアプリ市場においても、ゲーム、ニュース、SNS、エンターテインメント、ショッピング、ビジネスのアプリなど、ダウンロード数は年々増加しています。
アプリやサービスが、スマートフォンのホーム画面に、どのように配置されているかという情報は、スマートフォン向けのサービスの提供社にとって、重要な情報です。

Apassionateは、スマートフォンのホーム画面を収集・分析し、スマートフォン向けサービスやアプリを提供されている企業様のプロモーションやマーケティングを支援いたします。

ホーム画面にどんなアプリがあって、未読バッジが何件ついているかなどを調査したいというところでしょうか。

早速使ってみました。

AppStoreからダウンロード

スクショマネー

AppStoreからダウンロードしてホーム画面に置いてみました。背景が青いのでわかりづらいです。

ログイン

スクショマネー

認証は電話番号です。

アプリのホーム画面

スクショマネー

認証が完了したのでアプリの画像買取画面に遷移します。やることが明確でわかりやすいですね。

iPhoneのスクショをアップロード

スクショマネー

スクリーンショットをアップロード を選択すると注意事項が表示されます。全文以下に記載します。

6ヶ月以内の あなたのiPhoneのホーム画面スクリーンショットを1枚最大300円で買取します。
スクリーンショットを買取後半年間は スクリーンショットのアップロードをされても買取対象にはなりません。
スクリーンショット全体をアップロードしてください。

注意事項

・6ヶ月以内の あなたのiPhoneのホーム画面スクリーンショットのみの買取となります。
・他のキャンペーンで買取したホーム画面スクリーンショットは対象外です。
・個人を特定できるような情報を第三者に提供することはいたしません。プライバシーポリシーに基づき厳重に個人情報を管理させていただきます。
・当社が買取るホーム画面スクリーンショットには 上限がございます。予定枚数に達した時点で買取を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。
・買取価格は1枚あたり1-300円で変動いたします。
・1回の撮影に付きホーム画面スクリーンショット1枚とさせていただきます。

というわけで1度ホーム画面のスクショを買い取ってもらうと、半年間は買い取ってもらえないようです。

補足ですが、写真をアップロードする際に写真をタップしても選択されたかわからなかったのですが、しばらく待つと以下の画面が遷移しました。

スクショマネー

送信して完了です。

300円分のAmazonコードが付与された

スクショマネー

アプリ下部のタブを見るとウォレットに300という表示が。開くとウォレットに300円貯まったようです。早速換金依頼してみます。

スクショマネー

プロフィールを入力するよう促されるので、一通り入力。改めて換金依頼をするとアマゾンギフト券が発行されました。

その他の画面

スクショマネー

今後使う予定?のアンケート画面でしょうか。設定はどシンプルな表示です。電話番号がなぜか国際表示でした。

使ってみた感想

ログインは電話番号とSMSだけでとても簡単で、ホーム画面のスクショを即アップロードすることができました。今後サービスを拡充して様々な調査をしていきたいというところでしょうか。

操作感や見た目はところどころ荒削りなところはありますが、スクショをアップロードし換金するという明確なゴールへの導線がわかりやすいので全く気になりません。

いつ300円ギフト券配布が終わるかわからないので、興味がある方は是非今のうちにトライしてみてください。

AppStore: スクショマネー

なんかところどころ既視感あるなーと思ったらBANKの光本さん監修だそう。

アパッショネイトの安田吉範社長のTwitterによると、「スクショマネー」は、中古品買い取りアプリ「CASH」などを運営していたバンク(関連記事)の創業者・光本勇介氏の監修を受けていることのことです。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/08/news079.html

UIがCASHにそっくりなんですよね。でもCASHのとにかく使いやすい、いいところをそのまま踏襲しているのが素晴らしいです。今後の展開が楽しみなサービスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す